おの義刃物

おの義刃物

鍛冶の歴史を今も伝える、伝統の手造り鋏 「おの義刃物」

おの義刃物は、初代 清三郎氏が包丁鍛冶職人として1936年に創業、その鍛冶職を二代目 義一氏が引継ぎ、1964年から園芸鋏・剪定鋏の製造に始まります。現在では三代目 寛之氏・利樹氏が兄弟で先代から受け継いだ技術を継承し、その歴史と伝統をご両親と共に家族一丸となって守り続けています。今日まで88年以上に亘り、刃物作り一筋に 伝統的な技術と新たな技術を採り入れながらご使用される方のご意見を大事にし、切れ味は勿論の事、新しいデザインや使いやすさを追及し、製品に改良を重ね、国内外の果樹園芸家に認められる製品作り、拘りのある道具作りをしています。一見、同じように見える鋏ですが、一人一人、顔が違うのと同じように、おの義刃物の製品も火造り本鍛造・手造り製品の為、微妙に一丁一丁異なります。材料を切断・鍛造する工程から始まり、研磨作業、焼入れ作業、仕上げ作業を経て化粧箱に入るまでには実に100工程以上を要します。丹精込めてつくり上げられた鋏は、必ずやお使いになる方の右腕としてご満足いただけると確信しています。

剪定鋏の研ぎ方 動画配信してます。
注意:カマ刃の裏面(刃が当たる部分)は研がないで下さい。裏面を研ぐと歪が狂い、全く切れない状態になる恐れがあります。

おの義刃物カタログ(PDF : 11MB)

商品ラインナップ

片手刈込鋏 シリーズ

おの義刃物

両刃の為、新芽や若葉もよく切れます。
刃の裏側を透いてありますのでシャープな切味と、樹液焼きのヤニなどが裏透き部分にたまり、刃の開き詰まりを軽減します。 ガード付は、作業中、持ったまま剪定した落葉を掃う際、手を守り、ケガ防止になります。
すべてが手作り。真心込めて作るおの義刃物真骨頂を是非ご覧下さい。

剪定鋏 シリーズ

おの義刃物

A型改良剪定鋏を中心とした日々の作業に欠かせない枝切り専用鋏を紹介しています。
また、ステンレスタイプ・左利きタイプ…あなたの捜し求めている物がきっと見つかるはずです。

芽切鋏 シリーズ

おの義刃物

芽摘みや生花に最適。刃の先が細く、込み合った所を切るのに適してます。
シノギ型は、刃の表面を山型に削っていますので、より細かい作業がし易くなっています。
グリップ部分は、伝統ヤスリ目仕上げの為、すべりにくくなっています。

剪定型芽切鋏 シリーズ

おの義刃物

剪定鋏のように、2枚の刃の形状が違いますので、果樹の細い枝きり、野菜の収穫、摘み花にも適しています。
緩やかな刃の形状ですので、滑らかに切れます。大変重宝する一品です。

漆塗鋏 シリーズ

みきかじや村オリジナル

みきかじや村漆塗鋏『凛』・『蕾』シリーズ。日本古来からの伝統工芸である漆塗(山中塗り)と匠の技がコラボレーションした商品です。
海外でも注目度が高く”JAPAN BRAND”として評価されています。特にスタイルにこだわり、金止無し仕上げとしています。

藤巻・特殊メッキ鋏 シリーズ

みきかじや村オリジナル

よりカッコよく、より使い易くをテーマにバネ内臓式剪定鋏という新たなるジャンル商品を中心とした商品を取り揃えています。
籐巻タイプは天然籐の握り感触を楽しめますし、特殊メッキタイプは周囲の人も引き付ける魅力ある仕上がりです。

本革巻鋏 シリーズ

みきかじや村オリジナル

鍛冶職人の鋼の芸術と天然の牛本革をコラボレーションしました。
本革本来の握りの感触とグリップ力は作業効率を高め、また、鋏がもつ造形美をさらに挽きたててくれます。
使えは使うほど味が出る『魔法』の素材であります。

おの義刃物部品

おの義刃物部品

おの義刃物の部品(バネ・ネジ)を紹介します。

本革ケース・本革グリップカバー シリーズ

みきかじや村オリジナル

剪定鋏専用ケースができました。
従来の剪定鋏ケースとはまったく違ったデザインで、こだわりの強い世界『カスタムナイフ界』で活躍しているケース職人が仕上げております。
よりお洒落に、機能的になっており、作業現場で一際目立つ存在になります。

表示方法 リスト

52の商品1-12

降順
Copyright© GYOKUCHO INDUSTRY CO.,LTD. All Rights Reserved.