ようこそ!みきかじや村オンラインショップ「なめら金物店」へ!!

みきかじや村 氷輪(ひょうりん)シリーズ

みきかじや村 氷輪(ひょうりん)シリーズ

氷輪(ひょうりん)シリーズ

永尾駒製作所『肥後守ナイフ』とは
明治27年ごろ金物問屋『重松太三郎氏』が鹿児島から持ち帰ったナイフを元に製品を改良。当時取引先の多くが九州熊本だったことから名前を『肥後守ナイフ』と称し販売したことにより大ヒットしました。最盛期には登録製造業者40件、三木市で大きな産業に発展しましたが、様々なトラブル等、歴史経過の中で減少していきました。現在『肥後守』登録商標を使用できるのは永尾駒製作所1件のみ。創業明治27年。100年の伝統を後世に伝える為、日々努力しております。

氷輪(ひょうりん)とは
月の別名です。月は夜空で控えめながらも存在をしっかりと主張しております。そんな思いを肥後守に込めました。鞘を富山県高岡市の伝統技法『高岡銅着色仕上』を採用。真鍮鞘を腐食・錆びという特性を人為的に発生させ、独自の風合い・発色を生み出しております。永尾駒製作所とみきかじや村とのコラボ商品です。

グリッド  リスト 

4件の商品

件表示

グリッド  リスト 

4件の商品

件表示